楽描きウェブ

楽描きしたら更新するブログ。時々写真。時々宣伝。

!?  

170610-1.jpg


前回の記事の拍手の数があり得ないことになっていました。
一瞬バグかと思った。一拍手で十カウントぐらいされているのかと。

これは、あれでしょうか。
『忍びの国』というホットワードと共に
主演の『あのお方』のお名前を出したからでしょうか。
なんですか、これは、何と言いますか…

あまりに強大な力故、
使うことを禁忌とされていた
古の呪文を軽率にも唱えてしまい、
その威力を目の当たりにしてしまった感

が凄いです。

いえ!素直に嬉しいです!
拍手、本当にありがとうございました!!

ここまでの人に見て頂けるのなら
もっとまともなレポートをすれば良かったです。
あんなに興奮した夜なのに、後日自分で読み返したときに
ひとつも感動を表現しきれておらず、己の文章力に
がっかりでした…。

今も『無門』と聞くと
あのお方バージョンがすっと脳裏に出ます。
それから主題歌が…ふとした時に
頭の中でリピートされます。サビのメロディーくせになる。

さて、今月はいよいよこちらも発売されます!

20170610_111412.jpg

『忍びの国 巻ノ五 アンソロジー版』
注目すべきは帯!!信長ジュニア!!

一応、五巻で続き物ということで
僭越ながら表紙を描かせていただきました。
担当様に「今までの表紙とおんなじ感じで宜しく」
と言われたのですが、
あれ描いたの七年以上前です!
正直どう描いてたかなんて覚えてない!
必死。

作家さんのラインナップは

福井あしび先生
佐伯幸之助先生
麻貴早人先生
彦先生
佐乃夕斗先生

に、私を含めた計六名となっています。

一足先に拝読させていただきました。
完全に、いち原作忍びの国ファン目線です。
最初に企画の話を頂いた時、
色んな方の忍びの国が見れる!と浮足立つ反面、
どうか私のキャラクターデザインは無視して
思い思いの登場人物像を描いてくれ…!
と、思っていたのですが。

うぬぼれの杞憂でした。
なんとなーく私のキャラクターデザインを踏襲
してくださりつつも、作家さん本人の魅力や個性が
前面に溢れ、これまた映画同様
新鮮に楽しい読み物でした。
私にとってはかなり贅沢な一冊です。
原作ファンは必読です!
是非お手に取って、ご自身の読書感想と
照らし合わせながらお楽しみください。

自分の好きな作品のアンソロジーって
何て素敵なんでしょう。
ああ…もっと色々見てみたい。
あと十巻くらい出してくれたらいいのに…。

そして、さらにお知らせです。

なんと今月発売のゲッサン7月号には

『大野智さんのインタビュー記事』が
カラーで掲載されています!

この内容がまたですね…
私をひとり悶えさせる内容となっています。
まさかの、漫画版に触れていらっしゃる…!
加えて大野さんの無門に対する解釈。
根底が私と同じだったことに、良かった…と
胸をなでおろしたりもしました。
それでも演じ手、描き手によって
本当に一人ひとり表現が違うことが面白いです。
もう感無量です。
本当に早く、もう一度映画を観に行きたい!
以前観た時よりさらに魅力的に映るでしょう。

ただこの記事、原作未読で映画を
楽しみにしてらっしゃいます方には
若干の…若干のネタバレがあると思います。
こちらを覗いてくださっている方で
当てはまる方はどうぞご注意を。

最後に本日の楽描き。

映画のビジュアルが公開されて
とっくにお気づきの方多いと思いますが、
無門殿の衣装。
ポンチョ風ではありませんか。

実はわたくし、アジアンな衣装に目がなくてですね。
それにかこつけて今なら言える。
漫画版の無門の衣装。あの袴。
袴と称しつつアラジンパンツになっています。

無門のだるい感じが出ていいんじゃないかなと
こじつけて、当時、この衣装を決めたのです。

170610-2.jpg

映画版のポンチョと漫画版のアラジンパンツ
これもう組み合わせてしまったら

170610-3.jpg


無門はもう、生国どころか国籍すらおぼろげである。

ポンチョ姿も好きですが、ポスターの
スタンダードな黒い衣装も好きです。
普段テレビでお見掛けするときは
明るい衣装で華やかなイメージが強かったので
漆黒がとても似合う方なのだなと、初めて思い知りました。

《追記》
もう一つお知らせを失念していました。
映画公開にむけて、漫画版忍びの国の
コンビニ版がでるそうです。
上下巻の二冊に分けて、
タイトルも
「忍びの国 謀略の書」
「忍びの国 決戦の書」
となるそうです。

何度も言いいますが、
実際本編を描いたのは七年以上も前です!
拙さ全開!!これを今になって多くの方に
見て頂くかもしれない機会が増えようとは…
本当に有難い思いはありますが、
しばらく山に籠りたい思いでもあります。

今わが身に降りかかっているもろもろを
連載当時、ほんとに誰が予想できただろうか…!

category: 未分類

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ